プレス金型,板金加工,部品加工,架台,ステンレス,アルミ,黄銅,真鍮,工具鋼,金属加工,小林製作所,栃木県鹿沼市

プレス加工
経験と技術に基づいた高品質なものづくり
単発プレス加工により時代のニーズに合った小・中ロットのプレス加工品の提供が可能です。 昨今の環境対策に向けての軽量化に伴い、より高度な技術が求められるようになりました。また、デザインや形状なども多種多様、ありとあらゆるものが存在しています。
こうした多品種のものを大量生産可能にするため、これまでの豊富な経験に基づき、さらに新しい技術と新しい設備、納期管理等の見直し・検討を繰り返し、より安定した品質と精度の高さを持続できる社内体制を整えています。
加工内容
  • 通信アンテナ用部品製作
  • 検査・測定機器用部品製作
  • オフィス家具部品製作
  • 什器製作
  • 開発試作品製作

プレス加工

プレス板金加工とは、プレスマシンと呼ばれ強圧をかける機械にプレス金型を取り付け、金属などの材料を強圧し、せん断・曲げ成形・絞り・鍛造などの成形加工を施す加工法です。それによってできた製品がプレス加工製品となります。
プレス加工は薄い板材加工に適し、大量生産向きの生産方法として知られています。
例を挙げると、パソコンの内部部品、自動車のボディ、お鍋などのキッチン用品、テレビやエアコンなどの電化製品の内部部品など、平らな板が形になった部品がプレス製品で、日常生活の中でもよくみられます。
当社では主に、ステンレス・伸銅品(黄銅・銅・リン青銅など)・アルミニウムなどの非鉄金属材料のプレス板金加工を得意としております。
対応材質
ステンレス・アルミ・銅・黄銅・リン青銅・各種鋼板

所有設備
  • サーボプレス機(200ton) 1台
  • プレス機(2~110ton) 6台
AIDA製の200tサーボプレスを導入して、複雑な絞りや成形加工を実現しています。
材質:SUS304
寸法:180×100×65、t=3

打抜き加工

打抜き加工とは、上刃・下刃の二枚の刃をはさみのようにスライドさせる原理で、必要な形状に切り出します。

最大サイズ 例 SUS304 t1x500x750

曲げ・成形加工

曲げ・成形加工とは、板材をパンチで押して、任意の形状に変形させる技術です。板材の諸条件によって仕上がりが違うため、職人の勘と細心の注意が必要です。

絞り加工

薄い板材に金型を押し当て、材料を周りから中央に寄せて立体の形状に変形させます。たとえば、アルミ缶などの容器を成形する加工で、しわや歪み、割れなどがでないよう、細心の注意と高度な技術が伴う加工です。
材質:真鍮C2801P
寸法:100×100×30
t=0.4
材質:SUS304
寸法:φ85×80,t=0.4
材質:SUS304
寸法:150×35×35
TOP